住田紘一死刑囚の顔。住田紘一死刑囚の顔。
元同僚の女性を殺害した罪に問われ、死刑が 確定した住田紘一死刑囚の死刑が、7月13日午前、執行されました。

今回は、その住田紘一死刑囚の顔から判明した驚愕の事実について発表します!

住田紘一死刑囚の顔


死刑執行は法に基づいたもので、ニュースにする意味ある?むしろ、死刑判決後、1年以内に執行するとか死刑囚に無駄な費用を使わないようにするべきでは。節税。
西川正勝死刑囚と住田紘一死刑囚の死刑執行 第2次安倍政権以降19人 – 産経ニュース

法務省は13日、1991~92年に兵庫、島根、京都の3府県で女性4人を殺害し、強盗殺人罪などで死刑が確定した西川正勝死刑囚(61)、2011年に岡山市で元同僚の女性派遣社員を殺害し、強盗殺人などの罪で死刑が確定した住田紘一死刑囚(34)の2人の死刑を執行した、と発表した。

1991年~92年スナックママ連続殺人事件(西川正勝、旧姓・金田正勝)、2011年岡山元同僚女性バラバラ殺人事件(住田紘一)

死刑囚2人の死刑執行 平成3年に京都や松江などでスナックの女性経営者4人を殺害した罪に問われ、死刑が確定した西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚と、平成23年に岡山市で元同僚の女性を殺害した罪に問われ、死刑が確定した住田紘一死刑囚

スナック女性連続殺人事件の西川正勝死刑囚と、岡山派遣社員殺害事件の住田紘一死刑囚の死刑執行

住田紘一 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 2011年9/30 派遣社員の女性を倉庫に誘い込み、現金などの入った鞄を強奪。暴行後、殺害。遺体をバラバラにし遺棄した。死者1名。

住田紘一死刑囚の顔から判明した驚愕の事実とは?


岡山女性強盗強姦殺人事件の住田紘一死刑囚が前科なしで被害者1人なのに死刑が確定した、最大の原因は自己破産歴があったから死刑判決を下されました!!自己破産歴は再犯加重の原因にもなります!!自己破産が刑事犯罪である事を意識しましょう!!

先週、岡山の女性暴行殺人事件の被告住田紘一の控訴取り下げにより死刑判決が確定した。前科がなく、被害者も1人であっても死刑判決が確定したことは永山基準を超えるものだ。今後、この件が基準となるのだろうか、それともこの件は例外なのか?被告(今は死刑囚)は反省の色がなかったという。

もうそろそろ延命目的での再審請求中の死刑囚も執行しましょうよいい加減に。冤罪の可能性が高いなら再審しましょう。

まず、知名度の低さです。 実際にこのyahoo知恵袋で『住田紘一』で検索してみても 2011年、事件発生当時の書き込みはたったの1件でした。 … 住田紘一死刑囚は 中学生??? 更新日時:2017/07/14回答 … 2011年に岡山で27歳の女性がバラバラ に殺害された事件で、死刑判決が出た住田紘一

平成3年に京都や松江などでスナックの女性経営者4人を殺害した罪に問われ、死刑が 確定した西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚と、平成23年に岡山市で元同僚の女性を 殺害した罪に問われ、死刑が確定した住田紘一死刑囚の死刑