住田紘一死刑囚。生い立ち 住田紘一死刑囚。生い立ち
平成23年9月30日、住田紘一(当時29歳)は、岡山市北区の元勤務先に退社手続きで 訪問した際、同僚で派遣社員の …. 市で元同僚の女性を殺害した罪に問われ、死刑が 確定した住田紘一死刑囚の死刑が、7月13日午前、執行されました。

そこで今回は、住田紘一死刑囚の生い立ちについてまとめました。

筧千佐子の生い立ちに衝撃の事実が発覚!

住田紘一死刑囚の生い立ち


法務省は13日、2人の死刑を執行した。1990年代に女性4人を殺害し再審請求中だった西川正勝死刑囚と、2011年に元同僚の女性派遣社員を殺害した住田紘一死刑囚。

住田紘一 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 2011年9/30 派遣社員の女性の鞄を強奪。暴行後、殺害。遺体をバラバラにし遺棄した。裁判員裁判。死者1名。17年7/13、執行。35歳没。

死刑執行は法に基づいたもので、ニュースにする意味ある?むしろ、死刑判決後、1年以内に執行するとか死刑囚に無駄な費用を使わないようにするべきでは。節税。
西川正勝死刑囚と住田紘一死刑囚の死刑執行 第2次安倍政権以降19人 – 産経ニュース

遺族「あしき判例のむなしさ、少し晴れた」 死刑執行。住田紘一死刑囚(34)に殺害された加藤みささん(当時27)の父、加藤裕司さん(64)は13日午後、岡山市内で取材に応じた。死刑執行を知り、娘が眠る墓に足を運んで「死刑が執行されたよ。父さん、これからも頑張るから」と伝えたという。

岡山女性強盗強姦殺人事件の住田紘一死刑囚が前科なしで被害者1人なのに死刑が確定した、最大の原因は自己破産歴があったから死刑判決を下されました!!自己破産歴は再犯加重の原因にもなります!!自己破産が刑事犯罪である事を意識しましょう!!

住田紘一死刑囚の生い立ちの意外な新事実とは?


本日午前中、2名の死刑執行があった。西川正勝氏(61歳大阪拘置所)は再審請求中。住田紘一氏(34歳広島拘置所)は裁判員裁判で死刑判決後、控訴を自ら取り下げ、上級審の審判を経ずに死刑が確定、といずれも執行には現行法上も疑義が拭えない。死刑の自動上訴制度を再考すべきだ。

やっとこいつに刑が執行されたか。
同じように助けてくださいって思いながら恐怖を感じながら死んでいってくれたかな。
こういう強姦殺人の犯人は残酷に死んでも良い。

創価系企業ベネッセ100%子会社シンフォーム従業員の住田紘一は派遣社員の加藤みささんを倉庫で強姦した後、命乞いする加藤さんを殺害し、遺体をバラバラに切断して遺棄した。「スミダ」

住田紘一死刑囚は、十分に反省していて罪を償うためには死刑しかないと考えてあえて裁判でめちゃくちゃな発言をしたのではないだろうかと実際に裁判を見て感じたのは自分だけだろうか?更生可能性がないと言った判決は間違ってるし控訴していたら確実に無期懲役になっていた事案だと思う。
住田紘一 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 2011年9/30 派遣社員の女性を倉庫に誘い込み、現金などの入った鞄を強奪。暴行後、殺害。遺体をバラバラにし遺棄した。死者1名。