西川正勝死刑囚。生い立ち 西川正勝死刑囚。生い立ち
2017年7月13日、法務省は、兵庫、島根、京都の各府県でスナック経営者の女性4人を殺害するなど したとして強盗殺人罪などに問われた西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=ら2人の 死刑を執行したと発表しました。

そこで今回は、西川正勝死刑囚の生い立ちや意外な事実についてまとめてみました。

住田紘一被告の生い立ちと壮絶な過去とは?

西川正勝死刑囚の生い立ち。wiki風プロフィール


西川正勝は鳥取県で5人姉弟の上4人が姉の末っ子として生まれた。9歳のときに母親 が死亡、父親は土木作業員をしていたが、不在がちだった。中学に入ると、小学生を脅し て買い物をさせたり、下級生をいじめるようになった。さらに、窃盗事件や女子生徒を暴行するなどの事件をおこしていた。

西川正勝死刑囚の生い立ちと事件


スナックママ連続殺人事件(スナックママれんぞくさつじんじけん)とは、1991年(平成3年 )12月に、兵庫県・島根県・京都府でスナックを経営する女性4人が、当時35歳の男に殺害された事件。

警察は同一犯の犯行と断定、鳥取市生まれの西川正勝・死刑囚を指名手配した。西川 死刑囚は翌年1月5日、大阪市天王寺区のアパートで落語家の桂花枝さんを襲い、10 日間のけがを負わせたうえ、現金14万円を奪って逃走。7日朝、大阪府警に逮捕された 。

農家の嫁 三十五歳、スカートの風 映画動画フルを無料で見る方法

西川正勝死刑囚の生い立ちに意外な事実

今日、2人の死刑囚の死刑が執行されたという報道があった。 一人は1991年に京都・ 兵庫・島根で飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された警察庁指定119号事件( スナックママ連続殺人事件)で大阪拘置所に収監されていた西川正勝

新聞記者になって初めて取材した殺人事件が、後に警察庁広域重要指定事件になるという、いわく言い難い経験をした。「西川正勝」。あれから四半世紀経った今でも、彼の名前はもちろん、歩んできた人生も覚えている。

本日午前中、2名の死刑執行があった。西川正勝氏(61歳大阪拘置所)は再審請求中。住田紘一氏(34歳広島拘置所)は裁判員裁判で死刑判決後、控訴を自ら取り下げ、上級審の審判を経ずに死刑が確定、といずれも執行には現行法上も疑義が拭えない。

4人はなぜ死んだのか…。13日に死刑を執行された西川正勝死刑囚。どうすれば4人殺害を止めることができたのか…。原因を考えるうち、彼が18歳時に犯した殺人を担当した鳥取地検の痛恨のミスがなければ…と思い至る。複雑な法律の話


ドイツ外務省は13日、1991年に兵庫県姫路市などでスナックの女性経営者4人を殺害した西川正勝死刑囚(61)と、2011年に岡山市で元同僚の女性を殺害した住田紘一死刑囚(34)の死刑執行を「非人間的で残酷」と非難した。