NHK朝ドラ「まんぷく」が2018年10月から放送開始しました。

ヒロイン今井福子のかわいらしい演技に毎朝癒されている人も多いかと思いますが、姉の内田有紀演じる咲も美人で癒されますよね。

そんな内田有紀演じる咲ですが、カラダの調子を崩してしまいます。当時としてはかなり重症な病のようで、もしかするとまんぷくの途中で咲がいなくなってしまうかも、と心配する声も。

そこで今回は、まんぷく朝ドラのネタバレとして内田有紀演じる咲についてまとめました。
ネタバレなので先を知りたくない人は見ないでください!!



スポンサーリンク


まんぷくで内田有紀演じる今井咲について


朝ドラまんぷくで内田有紀が演じる今井咲は、ヒロイン今井福子と克子の姉になります。今井家は、早くに父が亡くなってしまい、長女である咲が貴金属店で働いて今井家を支えてきました。

年月が経ち、まんぷくのヒロインでもある末の妹・福子の就職が決まったことで、婚約していた小野塚真一と結婚することになりました。上記の画像はそのときの写真です。
本当に和服が似合っていますし、やっぱ内田有紀は美人だなぁ、と改めて感じました^^

結婚後、咲は真一と幸せな生活を送っていましたが、カラダの調子を崩してしまい、床に伏せってしまう生活送っていきます。



スポンサーリンク


内田有紀演じる今井咲のモデルは誰?


内田有紀演じる今井咲には実在のモデルがいます。
そのモデルとは、安藤晃江(あんどう てるえ)です。 ヒロインの福子の9歳上の姉になります。

まんぷくでは、咲は父が亡くなり苦しい家計を咲が支えている、という設定ですが、実際の安藤家はかなり裕福な家庭でした。

安藤家の父・重信は大阪で人力車の会社の経営者でもあり、咲の実在のモデル・晃江も人力車に乗って高等女学校に通うほどのお嬢様だったのです。

ちなみに、晃江が通っていた女学校は、樟蔭高等女学校でした。裕福な家庭だったので、当時ではなかなか一般庶民には手に入らない、クッキーやチョコレートなども好きでよく食べていたそうです。

まんぷくでの咲姉ちゃんとはだいぶ違いますね。

 

しかし、実在の晃江も内田有紀演じる咲と同じくかなりの美女だったようです!

父・重信が倒れて生活が苦しくなってからも、晃江の美貌を知って交際に申し込みに来る男性が後を絶ちませんでした。
まんぷく4話でも、白馬に乗って歯医者が交際を申し込みにくる、といったシーンがありましたが、あれも事実のようですww

しかし、晃江は白馬の歯医者や多くのお金持ちからの交際を断って、会社員である久保建治と結婚しました。幸せな結婚生活ではあったものの、夫の給料が安く貧乏な暮らしをしていた晃江は、結核にかかってしまいます。

当時では、治療が難しいとされていた結核に感染してしまった晃江は何歳まで生きられたのでしょうか。そして内田有紀演じる咲は、いつまでまんぷくに登場していられるのでしょうか・・・



スポンサーリンク


朝ドラまんぷくのネタバレ 姉の咲の登場はいつまで?


幸せな結婚生活の中、不慮の病とされる結核に感染してしまった晃江ですが、史実では結婚3年目の昭和10年10月17日に死去してしまいます。年齢は27歳でした。

実話どおりであれば、まんぷくでも今井咲は確実に途中でいなくなってしまいます。ネタバレになってしまいますが、まんぷくでは第2週目でヒロイン福子と萬平が急接近します。

そんな折に、咲姉ちゃんのカラダの調子が悪くなり結核の感染が判明します。一時的に容態が良くなるものの、やはり治る傾向はないようです。

なので、咲姉ちゃんはまんぷくの2週目もしくは3週目までの登場となる可能性が高そうです。

今のうちに、内田有紀演じる咲を目に焼き付けておきましょう。

まんぷく朝ドラネタバレ内田有紀のまとめ

今回は朝ドラまんぷくのネタバレで内田有紀演じる今井咲についてまとめてみました。

まんぷくでの内田有紀も本当に美人ですが、美人薄命という言葉のはかなさを改めて感じる結果になりそうですね。

おそらく内田有紀が今井咲としてまんぷくに登場するのは、第2週か第3週目までになることでしょうから、見逃しに気をつけましょう!



スポンサーリンク