朝ドラまんぷくはまだ始まったばかりですが、既に「野呂缶」が話題になっています。

「野呂缶って何?」という人も多いかと思うので、今回は朝ドラまんぷくの野呂缶についてまとめてみました。



スポンサーリンク

野呂缶とは?


野呂缶とは、大阪東洋ホテルの厨房で働いている料理人・野呂幸吉がヒロインの今井福子にプレゼントする缶詰のことです。

藤山扇治朗が演じる野呂幸吉は、女性に対して不器用で、福子に好意を寄せているものの、はっきりと愛情表現することができず、野呂幸吉ができるせめてもの愛情表現として、缶詰を渡している、というわけです。

でも、好きな人に定期的に缶詰を渡しても、なかなか好きだと気づいてもらうのは難しいですよね。

まんぷくでは、野呂幸吉が福子にプレゼントする野呂缶が静かなブームとなっており、野呂缶が登場するたびに話題になっています。

既に幾つか野呂缶が登場しているので、いままでに登場した野呂缶をまとめてみました。


スポンサーリンク

野呂缶一覧

それではいままでに登場した野呂缶をご紹介していきます。

ツナ缶


第2話で登場した野呂缶は、ツナ缶でした。

大阪東洋ホテルの廊下で偶然を装って、野呂幸吉は福子にツナフレークの缶詰を渡します。

当然ですが、福子は「なんでわたしにツナ缶??」と不思議に思います。しかも、このツナ缶は、福子の母・鈴が、コッソリ食べてしまうというオチもついてきました(笑)

しかし、このツナ缶のマグロの絵、なんかすごく美味しそう。

コンビーフ


続く第3話で登場した野呂缶は、コンビーフでした。

福ちゃんが大阪東洋ホテルの休憩室で休んでいると、またもや偶然を装って野呂幸吉がやってきます。
そしてコンビーフの缶詰をプレゼントすると、「コーンビィーフゥ!」と謎の言葉を言って、福ちゃんの前から颯爽と消えていきました。

このコンビーフの缶詰も、母・鈴に食べられてしまうのですが、今回は福ちゃんと鈴が一緒に食べました。


スポンサーリンク

トマトスープ


第5話で登場した野呂缶は、トマトスープでした。

前回の野呂缶・コンビーフから3年の月日が経過し、福ちゃんがホテルの外でご飯を食べていると、野呂幸吉がやってきて、トマトスープの缶詰をプレゼントします。
しかも今回は、「お母さんに食べさせてあげて」と野呂幸吉が言って去っていきました。

もしかしたら、3年間野呂缶をプレゼントし続けて、どうやら母親と一緒、もしくは母親が食べているのかも、と勘付いたのかもしれません。

ビーフシチュー


久しぶりの登場となった野呂缶は第10話で、ビーフシチューの缶詰2つでした。

野呂缶を2つもってきた理由は、福ちゃんと保科さんへのプレゼントするためでした。

もしかしたら、福ちゃんには自分の気持ちが伝わらない、と思って、恋の狙いを保科さんに変えてきたのかもしれません!?



スポンサーリンク

野呂缶に関するネット上の声

https://twitter.com/ray_n_drops/status/1047442434286702593


まんぷくの影響で、缶詰買った人も続出している模様。

まんぷく野呂缶のまとめ

今回は、まんぷくで話題になっている野呂缶についてまとめてみました。

今後もまんぷくのストーリーが進むにつれ、野呂缶のバージョンやプレゼントする相手など、いろいろ注目を浴びそうです。

これからも野呂幸吉がプレゼントする野呂缶に注目していきましょう!



スポンサーリンク