今回は、この差って何★動脈硬化の人とそうじゃない人の差は耳たぶ!中村仁美が大ピンチSP、で紹介されていた症状やサインについてまとめてみました。

動脈硬化と耳たぶの関係は?

実は動脈硬化と耳たぶには大きな関係があったんです。特に50歳未満の人によく分かるサインとして知られています。

耳たぶのどこに注目するのかというと、耳たぶのしわです。

耳たぶのしわの存在は、動脈硬化の重症度を予測するサインとして学会で発表されました。

インターネットで調べたところ、埼玉医科大学総合医療センターの中村嘉宏さんが、動脈硬化と耳たぶのしわについて発表したようです。他にも、シカゴ大学医学部の助教授だったウィリアム・J・エリオット博士が「耳たぶと心臓病」に関する面白い研究を発表していました。

耳たぶのしわの原因ですが、

体内の動脈の硬化が進んでくると、当然、耳たぶの中を走っている動脈の硬化も進んできて、血流が悪くなります。もともと、動脈の数が少ない耳たぶですから、血流が悪くなると耳たぶ内の脂肪はいち早く栄養不足によって萎縮してくるので、シワになるのです。

出典:https://shuchi.php.co.jp/article/4416

また、赤ワインの中の紫色の色素(レスベラトロール)の抗酸化作用が動脈硬化の予防にもなっているようです。焼酎も酵素ウロキナーゼという血栓を溶かす酵素を活性化させる効能があるようです。

椎間板ヘルニアとつま先立ちの関係

椎間板ヘルニアとつま先立ちも実は大きな関係があるんです。

椎間板ヘルニアの症状として、つま先立ちができないというものがあります。

これは、親指や足首の筋力低下によるもので、椎間板ヘルニアで下肢への神経の圧迫や血行不良があると、筋力が低下してくるので、このような症状が起こるようです。

睡眠時無呼吸症とのどちんことは?

こちらは事前にネットで調べてみたものの、関係性が分かりませんでした。

この差って何ですか?動脈硬化と耳たぶ20181023TBSまとめ

今回は、この差って何ですか?動脈硬化と耳たぶ20181023TBSについてまとめてみました。

どの病気や症状も非常に健康に影響のあるものですが、実は意外なところにサインが出ているものなんですね。

番組を参考に、健康に気をつけていきましょう!

『電通』と『日経』も注目の最先端”リスクゼロビジネス”とは?


「会社や嫌な人間関係から解放されたい」

「パートと子育てを頑張る妻の仕事を辞めさせてあげたい」

「親の介護費用や医療費を払ってあげたい」

「子供に満足のいく教育を受けさせたい」

「貯金を増やしたり、住宅ローンの足しにしたい」

「結婚したあとでもお金をかけて女磨きがしたい!」

こちらを今まさに読んでいる方の多くは、
本業が忙しかったり、
家事や育児に追われていたり、
親御さんの介護で
大変な思いをされている方ばかりだと思います。

現状を変えたくても、

時間がないからどうしようもない・・・
副業をやろうとしても元手となるお金がない・・・

と諦めていませんか?

そんなアナタにおすすめなのが、

「電通」や「日経」も注目している最先端のビジネスです。
この最先端ビジネスは、リスクゼロでできるので、

・サラリーマンの副業でも!
・50代・60代の年金対策にも!
・お小遣い稼ぎの主婦の方でも!

今すぐ、リスクなくスタートできます!!

しかも今なら【期間限定】で約20万円相当の7大特典ももらえます!

⇒最先端リスクゼロビジネスの無料メール講座への登録はコチラ

こういった話を聞くと、
「そんなイイ話あるわけないだろ」
と思われるでしょう。

しかし、実際に収入を得ている人は大勢います。
ただアナタが知らないだけなのです。

お金持ちになる方法などでよく言われていますが、
お金持ちと貧乏人の差は、
「情報を知っているか知っていないか」

「やるかやらないか」

この2つだけです。

お金持ちになる人は、常に「稼げる情報がないか」とアンテナを張っています。そして少しでも稼げそうな情報があれば、悩むことなく、その情報をゲットするための行動を起こすのです。

今回アナタは、現状の生活を変えるための稼げる情報を手に入れるチャンスを知りました。

お金持ちになるかならないかは、アナタがやるかやらないかだけです。

しかも、今回の最先端リスクゼロビジネスは無料で学ぶことができます。

ぜひ、現状を変えてお金持ちになるための第一歩を踏み出してください!!

ただし、、、
今回の最先端リスクゼロビジネスが無料で学べるチャンスは、いつ終了するかわかりません・・・

ぜひ、無料のうちに約20万円相当の7大プレゼントだけでもゲットしておくことをオススメします!!

↓↓最先端リスクゼロビジネス無料メール講座はコチラ↓↓

今すぐクリック