Pocket

市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが2017年7月28日午後、元民進党の蓮舫代表を告発したことが話題になっています。


そこで今回は、蓮舫を告発した愛国女性のつどい花時計代表・岡真樹子の経歴や蓮舫が告発された理由などをまとめてみました。

岡真樹子のwiki風プロフィール


まずは市民団体「愛国女性のつどい花時計の代表・岡真樹子さんのプロフィールをまとめようとしましたが、残念ながら岡真樹子さんの個人的なプロフィールは掲載されていませんでした。

なので、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の概要をまとめてみました。

花時計とは、平成22年4月に設立された非営利団体です。 
特定の政党や団体と関わりを持たない、子育て中の主婦など20~40代の女性が中心となっている団体です。

活動は、デモや街頭演説会などを定期的に実施しています。内容は、「夫婦別姓反対」「子供手当て反対」を始め、「東日本大震災被災地の支援活動状況」などを調べてデータ化して発表するなどのキャンペーンも行っています。

また、団体でオリジナルグッズも販売しており、日の丸マグネットや国旗シールなどがあります。

蓮舫が告発された理由は?

「二重国籍」問題が一番の理由のようです。

詳しくは、国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとする国籍法違反と公職選挙法違反の罪、とのこと。

蓮舫は17歳だった昭和60年に日本国籍を取得し、22歳までに、日本か台湾どちらかの国籍を選択する義務があったにもかかわらずしていなかった模様。

また、2016年の参院選では、選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表した、とのこと。

蓮舫元代表は、高須先生からも告発されていますし、代表退いても何かと忙しくなりそうですね。

蓮舫告発に関する口コミは?

Pocket